歯医者さんは怖くありません

虫歯を抱えて歯医者さんにかかることになっていたら今のようには思っていなかったと思います。なんの取り柄のない私ですが、子供の頃から歯だけは自信がありました。今でも、歯医者さんには 年に一度は必ず行きます。最近は歯間ブラシの使用を勧められるようになりました。歯槽膿漏になってしまうのを防ぎ、歯が抜け落ちないようにとのことですね。昔からある運動ですが、80歳まで20本自前の歯でという8020運動。私がその年になった時、20本以上残せたらと思います。子供の頃から歯は丈夫なほうで、歯医者さんにかかるのは嫌いではありませんでした。むしろ、将来の仕事として歯科衛生士になりたいと思ったほどです。歯科助手の仕事にも憧れました。先生と助手の方との息が合う仕事に見とれていました。そういう影響もあり、医療事務の仕事を卒業後選びました。幼少期から母親のしつけで、毎晩しっかり磨けているかチェックしてもらっていました。母親は虫歯や銀歯があり、自分の子供にはそういう悩みを持って欲しくなかったようで、毎晩念入りチェックしてくれていました。おかげ様で被せ物している歯医者はゼロで、全部自分の歯です。しかし、幼い頃に癖でで指をしゃぶっていたので、出っ歯になっていました。中学に上がる頃、矯正歯科にかかることによりきれいに直していただきました。今思えば歯医者の先生よりも母からの歯は骨でから

ホワイトニング